帯広記念病院

院長あいさつ

帯広記念病院は十勝において切れ目の無い医療の一翼を担う病院を目指して、平成28年5月に開院致しました。

当院の役割は急性期病院での加療後、自宅退院が難しい患者様を受け入れ、リハビリ・全身管理を行い、在宅復帰・施設入所を支援すること、退院後も通院が困難な患者様には訪問診療をおこない、全身管理させていただくことで、高齢者の方々や、そのご家族が安心して生活できる環境を整えることだと考えております。

まだ開院して間もない病院ですが、今後も職員一同初心を忘れず、常に学び成長し市民の皆様に貢献できる病院を目指して参ります。

帯広記念病院 院長 中原 哲