帯広記念病院

病院紹介

病室(全室個室)について

 当院の病室は、全国でも珍しい全室個室の病室となっております。患者様のプライバシーを最大限配慮。安らぎのある入院生活の中で治療に専念頂けます。
 また、個室料金は頂いておりません

 

【 面会時間 】

 午前10時00分~午後8時00分

 

機材紹介

16列マルチスライスCT

当院では16列マルチスライスCT(キヤノンメディカルシステムズ株式会社 Aquilion Lightning)を導入しています。

このCT装置は、一回転のスキャンで最大32枚の画像を明瞭に描出することができ、全身の各臓器の情報を短時間で正確に取得する事が出来ます。

患者様は検査時の息止め時間が短くなるため楽な検査を受けられるようになり、また従来のCT装置と比べ最大で75%の被ばく低減が可能となりました。

この装置によって、病気の早期発見・治療に貢献してまいります。

 

 

デジタルX線TVシステム

平成28年4月にDR(デジタルラジオグラフィー)X線TVシステムを導入致しました。
デジタル化されたことにより、瞬時に画像を確認でき、さらに高画質、低線量でより多くの診断情報が得られます。

各種造影検査(胃、注腸造影、嚥下造影など)造影剤を使用した検査全般を行っています。

 

 

 

左から、経鼻・上部消化管・大腸の内視鏡カメラを導入しております。

・胃の内視鏡検査は、口からだけでなく「鼻」からも行えます。

・当院は「鼻」からの内視鏡検査が行える最新の内視鏡設備を導入しています。

・早期発見のために。当院は、NBIを搭載した最新の内視鏡システムを導入しています。

・当院は、NBIを搭載した最新の内視鏡システム
を導入しています。

◎ハイビジョン対応経口スコープでより精細な診断

 

 

 

 

院内の風景