帯広記念病院

たたき

 

 

薬局 一日の流れ

 

8:45

●朝礼
●ミーティング
  • 受け持ちの患者様の部屋を回り、挨拶と今日一日の予定についてお話します。
 

 12:00

●定期薬調剤
●持参薬鑑別
  • 受け持ちの患者様の部屋を回り、挨拶と今日一日の予定についてお話します。
 

13:00

●外来処方調剤
●服薬指導
●注射薬調剤
  • 処方
  • 所要
 

17:30

●業務終了
  • 業務終了

 

 

 

 

 

 

 

リハビリ科 一日の流れ

[午前]
8:30
朝礼・ミーティング

8:45
脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ)
廃用症候群リハビリテーション(Ⅱ)
運動器リハビリテーション(Ⅰ)
 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)

 

[昼]
12:00
休憩

 

 

[午後]
13:00
脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ)
廃用症候群リハビリテーション(Ⅱ)
運動器リハ
ビリテーション(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)

17:30
業務終了

職種紹介

理学療法士(PT):座る、立つ、歩くなどの基本動作や日常生活動作(ADL)の介助量軽減や自立を目標に訓練を実施しています。

作業療法士(OT):指を動かす、生活動作、家事動作、など日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。他にも認知症や高次脳機能障害の評価や訓練も行います。

言語聴覚士(ST):脳卒中や神経変性疾患などにより引き起こされる言葉のコミュニケーションの障害や、食べ物や飲み物を上手く飲み込めない、むせるなどの症状がみられる摂食嚥下障害のある方に対して治療および訓練を行っています。

理学療法士(PT):座る、立つ、歩くなどの基本動作や日常生活動作(ADL)の介助量軽減や自立を目標に訓練を実施しています。

作業療法士(OT):指を動かす、生活動作、家事動作、など日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。他にも認知症や高次脳機能障害の評価や訓練も行います。

言語聴覚士(ST):脳卒中や神経変性疾患などにより引き起こされる言葉のコミュニケーションの障害や、食べ物や飲み物を上手く飲み込めない、むせるなどの症状がみられる摂食嚥下障害のある方に対して治療および訓練を行っています。

 

 

疾患別リハビリテーションについて

 

・脳血管疾患等リハビリテーション
脳梗塞・脳出血などの脳血管疾患、多発性神経炎、末梢神経障害その他の神経疾患、パーキンソン病など、その他の慢性の神経筋疾患が対象患者となります。

・廃用症候群リハビリテーション
廃用症候群とは過度な安静状態が長期間になることで起きる心身機能の低下(関節の動きが悪くなる、筋肉が衰える)をいいます。急性疾患などに伴う安静、治療による安静により基本動作能力の低下した方が対象患者内なります。

・運動器リハビリテーション
急性発症した運動器疾患又は外傷・骨折・切断などの運動器の疾患が対象患者となります。当院では高齢による変形性関節症の患者様が多くみられます。

・呼吸器リハビリテーション
肺炎・慢性閉塞性肺疾患などの患者様を対象に呼吸訓練(介助呼吸、排痰手技など)を実施しています。呼吸方法や運動指導も行っています。

・摂食機能療法
食べ物を飲み込むことに問題のある状況を摂食機能障害といいます。摂食機能障害患者様の食物形態、食事介助、摂食量を評価し嚥下機能改善を促しています。

 

 

 

 

看護助手 一日の流れ

left

[午前]
8:30
朝礼・ミーティング

8:45
オムツ交換と体交
物品の補充
入浴介助

 

[昼]
12:00
食事介助(患者様の移乗・移動)
環境整備

休憩

 

 

[午後]
14:00
オムツ交換と体交
食事の準備(患者様の移乗・移動)

 

 

17:30
業務終了

 

 

 

 

 

 

看護助手 一日の流れ

left

[午前]
8:30
食事介助 下膳 申し送り
Div準備(各部屋もちで)
部屋まわり
(V,S測定 Div交換・処置 体交など)

 

 

[昼]
12:00
経管栄養の準備、実施
BSチェック
食事配膳 介助 与薬 下膳

交代で休憩

 

[午後]
リハカンファレンス 抑制カンファレンス
看護計画評価カンファレンス
午後の部屋まわり 体交 記録

経管栄養準備 BSチェック
体交 環境整備実施

 

 

17:30
業務終了

 

 

 

 

 

 

職種紹介

理学療法士(PT):座る、立つ、歩くなどの基本動作や日常生活動作(ADL)の介助量軽減や自立を目標に訓練を実施しています。

作業療法士(OT):指を動かす、生活動作、家事動作、など日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。他にも認知症や高次脳機能障害の評価や訓練も行います。

言語聴覚士(ST):脳卒中や神経変性疾患などにより引き起こされる言葉のコミュニケーションの障害や、食べ物や飲み物を上手く飲み込めない、むせるなどの症状がみられる摂食嚥下障害のある方に対して治療および訓練を行っています。

疾患別リハビリテーションについて

脳血管疾患等リハビリテーション
脳梗塞・脳出血などの脳血管疾患、多発性神経炎、末梢神経障害その他の神経疾患、パーキンソン病など、その他の慢性の神経筋疾患が対象患者となります。

廃用症候群リハビリテーション
廃用症候群とは過度な安静状態が長期間になることで起きる心身機能の低下(関節の動きが悪くなる、筋肉が衰える)をいいます。急性疾患などに伴う安静、治療による安静により基本動作能力の低下した方が対象患者内なります。

運動器リハビリテーション
急性発症した運動器疾患又は外傷・骨折・切断などの運動器の疾患が対象患者となります。当院では高齢による変形性関節症の患者様が多くみられます。

呼吸器リハビリテーション
肺炎・慢性閉塞性肺疾患などの患者様を対象に呼吸訓練(介助呼吸、排痰手技など)を実施しています。呼吸方法や運動指導も行っています。

摂食機能療法
食べ物を飲み込むことに問題のある状況を摂食機能障害といいます。摂食機能障害患者様の食物形態、食事介助、摂食量を評価し嚥下機能改善を促しています。

 

 

 

 

————————————————————————————————————————————————————————————-

 

 

■クリニックの一日 他のHPよりそのまま拝借

8:30   出勤
大きな病院に比べ、診療開始時間が遅いため、出勤時間はやや遅い場合が多いです。出勤後、制服に着替え、玄関周りや待合室、診察室の清掃を行ないます。その後、受付ブース内や診察室内の準備、会計レジにおつりを用意するなど、診察や受付業務がスムーズに進むよう準備を行ないます。

9:00   受付開始
順番に患者様の応対を行ないます。クリニックの場合、医療事務スタッフは少ないため、窓口での患者様対応の他、会計や診察室内での診療補助、電話応対なども同時に行ないます。

12:00  午前診療の受付終了
受付を終了しても、診察中の患者様や会計待ちの患者様がいらっしゃる場合は、最後の患者様が帰るまで、業務は終わりません。最後の患者様をお見送りしたら、待合室の片付けをし、お昼休みとなります。

13:00  お昼休み

14:00  午後の診療開始
仕事内容は午前診療と同じで、受付と会計、電話対応、診察補助などを行ないます。

18:00  受付終了
最後の患者様の会計が終了したら、会計確認を行い、待合室や玄関・診察室などの清掃をして業務終了。月初めの場合は、受付業務終了後にレセプト業務を行います。

18:30 帰宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帯広記念病院では、地域に密着した医療を実践するために在宅支援診療に力を注ぎ、通院困難な患者さんでも安心して診療を受けて頂く体制を整えています。帯広記念病院では、地域に密着した医療を実践するために在宅支援診療に力を注ぎ、通院困難な患者さんでも安心して診療を受けて頂く体制を整えています。帯広記念病院では、地域に密着した医療を実践するために在宅支援診療に力を注ぎ、通院困難な患者さんでも安心して診療を受けて頂く体制を整えています。帯広記念病院では、地域に密着した医療を実践するために在宅支援診療に力を注ぎ、通院困難な患者さんでも安心して診療を受けて頂く体制を整えています。

こちらはカウンター。来院客に対して丁寧な対応を心がけております。
<b>sift+enter で改行</b>

3F・4Fの一日の流れ。

08:30 朝礼

08:45 各病棟でのミーティング

12:00 昼食